読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランシウム87

南フランスに住む日本人学生が発信するブログ。

ブログはじめ!

sponsored link

f:id:bantan19:20160217081015j:plain

今日からブログをはじめます。

 

 

南フランスのとある町に住み始めて2年。

フランスやヨーロッパのことなど、気づいたことが出てきたので、このブログに書き留めていこうと思い始めました。

 

まずは自分の紹介を簡単にします。

フランスには学生として住んでいるので、学生ビザを年に1回更新して滞在許可証としています。

フランス留学をしたいと思っている人には、ビザの情報なども気になるところだと思うので、ここら辺の情報やビザ申請に関するテクニックなども追い追い紹介できたらなぁと考えています。

 

仕事もしています。

学業の傍らの仕事なのでフルタイムで仕事をしているわけではなく、日本でいうところのアルバイト感覚なのですが、日本と違ってフランスでは基本どんな仕事でも契約を交わす必要があるので、労働時間は少ないですがちゃんとした正規雇用者として仕事をしています。

フランスでは正規雇用の形態は2種類あって、雇用期間によってCODCOI2つに分かれます。

CODContrat Déterminéは期限付きの雇用。対してCOI=Contrat Indéterminéは無期限の雇用なのですが、わたしはCOIの契約を交わして仕事をしています。

ここら辺もビザの申請の際にはいろいろとメリットがあったり。フランスの税金にも深くかかわってくることなので、またいつか書き留めていきます。

 

学校はフランスの国立大学に通っています。

今年の9月から今の大学に通い始めています。

理系の大学で、専攻はSVT(Sciences de la Vie et la Terre)という、日本語だと「生命科学」になると思うのですが、それの大学1年次から始めています。

その前は1年半、別の国立大学付属の語学学校でフランス語に特化して勉強をしていました。

大学付属の語学学校は、メリットとして私立の語学学校よりも授業費が格段に安いことに加えて、今後フランスの大学なり、高等の教育機関に進みたいと考える人には便利なところがあります。

私はそこである程度のフランス語を勉強したので、今の大学に入ることができました。

フランスの大学に入るためにも煩雑な書類作業があったり、日本の教育システムとフランスの教育システムの2つに相当する証明書を作らなくてはいけなかったりするので、今となっては笑い話ですが、実際は結構面倒くさいです。

でも、フランスの大学には良い点がたくさんあるので、そこらへんも今後紹介していきたいと思います。

 

フランスでの生活を知りたい方や、特にこれからフランスに留学したいと思う方にとっては、このブログで有益な情報が得られるのではないかと思うので、かるく読んでもらえると嬉しいです。


eyeemfiltered1396793628557