フランシウム87

南フランスに住む日本人学生が発信するブログ。

フランス留学のすゝめ

sponsored link

f:id:bantan19:20160217080712j:plain

なぜフランスに留学したいかという理由は、人によって様々だと思います。

 


大学で選択しているフランス語のレベルを上げるために語学留学をしたい。


フランスの大学・大学院で専門的な勉強をしたい。


フランスの美術やガストロノミーを現地で学んでみたい。


などなど。


もしかしたら、特にこれと言って何を勉強したいかわからないけど、とにかくフランスで生活をしたい!


もっと言ったら、海外で生活をしてみたい!!


という人もいるかもしれません。


まぁ自分も、今ではフランスの大学生ですが、最初はとりあえずフランスで生活してみたいなぁ…というぼんやりとした理由でフランスに来てしまったのが最初です。。


結果的には今の生活がとても楽しいので、理由はどうであれ、フランスに行きたい!という人は、個人的にはとりあえず留学という”制度”を利用してフランスに来てみたらいいと思います。


ここで、あえて”制度”と言ったのはなぜかというと、フランスで生活をするためには何かしらの理由が必要で、それによってビザの発行が決まるからです。


正確には、フランスの長期滞在で必要なものはビザではなくて「長期滞在許可証」というものでビザとは異なります。


そもそも日本の発行するパスポートがあれば、フランスに入国するために必要なビザの取得は免除されることになっているのです。


フランスに限らず、日本のパスポートは世界中の色々な国に認められているものなので、面倒なビザの申請・取得をしなくても3カ月間なら旅行者として色々な国に滞在することが可能です。


世界にはパスポートが多くの国に認められていない国もたくさんあるので、そういった国のパスポートを持っている人は、フランスに例え一瞬の入国であってもビザを取得しなくてはいけないんですね。


しかし、3ヶ月以上の滞在だと、日本のパスポートだけでは滞在が認められません。

今度は、「長期滞在許可証」というものが必要になってきます。


なので、逆にいえば3ヶ月以内の滞在期間で満足できるようであれば、ちょっと長めのバカンス感覚で、面倒な大使館でのビザ関係の手続きをすることなくフランスの生活を体験することができます。


あとは、その滞在期間をカバーする滞在先を探すことなのですが、結構面倒くさそうなのでそれはまた別の話。


3ヶ月以上フランスに滞在して、じっくりとフランスの生活を体験してみたい人は何かしらの「滞在許可証」が必要になってくるのです。


そこで、一番簡単かつ経済的に取得できる滞在許可証が「学生ビザ」なのです。


「学生ビザ」という名前からわかるとおり、この滞在許可証を取得するためには学生でいる必要があります。

フランスに来たい理由は何であれ、学生というステータスであり続ける限りフランスに滞在できるということです。(いつまでも滞在できるわけではありませんが…)


というわけで、フランスに住んでみたいんだったら「留学」がおすすめだよってことを伝えたいのです。