フランシウム87

南フランスに住む日本人学生が発信するブログ。

ウルトラC!?日本で大学に行ったことのない僕が、フランスの大学に無試験入学した方法

sponsored link

フランスに留学しようと考えてる人ー!

しかも、あわよくば大学に行っちゃいたいな☆なんて考えてる人ー!

 

その目標、もしかしたら結構簡単に達成できてしまうかもしれませんよ^^

 

f:id:bantan19:20171006032456j:plain

 

 

 

フランスの大学に行くためには

 

僕は現在、南仏モンペリエ市にある国立モンペリエ大学で、生命科学(の中の微生物学)を勉強しています。

そんな僕のフランスに来た当時の最終学歴は高卒でした。大学はいつでもいけるやーっておもって、高校卒業した後はスペインに留学したり、料亭で仕事したりしていました。

で、一念発起してフランスの大学に行ってみようかな、って思いついたのが、今から4年ほど前のこと。その時にフランスの大学に行くために必要なものを調べていて、ちょっとびっくりしました。だって、日本の高卒のひとは、フランスの大学に行けない、みたいなことが書いてあったから。

 

詳しく説明すると、こういう理由で日本の高卒はフランスの大学に入学できません。

まず、フランスにはかの有名なナポレオンが作り出した、バカロレアという試験があります。これは、簡単に言ってしまうと、日本のセンター試験と高校卒業資格が一緒になったようなものです。フランスの高校生たちはバカロレアを受けることによって高校を卒業することができ、また、バカロレアの点数で志望大学にアプライするのです。

 

フランスの大学に入るためには、この「バカロレアと同等か、それ以上の資格を証明する書類」を提出する必要があります。つまり、先ほど説明したバカロレアの性質から分かる通り、バカロレアを有しているという事は、日本(もしくは海外の)の高等教育機関に受け入れが認められている、という事とイコールの関係が成立するのです。

日本の高等教育機関というのも、また定義が難しいのですが、一般的に言って普通の大学、もしくは短大レベルの事を指しています。一部の専門学校も含まれるようなのですが、留学をするための外国語学校などがこれに当てはまるようです。ちなみに、料理学校は当てはまりませんでした。

 

まとめると、バカロレアと同等の資格を証明するためには、「日本の高校卒業証明書」+「高等教育機関の、最低でも入学証明書(もしくは在学証明書、卒業証明書など)」の2つが必要になるという事です。

 

 

日本の大学に行っていないと…

 

ということは、もうお気づきだとは思いますが、日本で高校しか出ていない僕のような人は、一念発起したところでフランスの大学に行くことができないのです。エーン。

 

francium87.hatenablog.jp

 

そこで僕は考えたのです。何とかしてフランスの大学で勉強することはできないかと。

 

 

ウルトラCを考えつく

 

3日間くらい、すっと考え込みました。

ネットでいろんな情報を探しみたのですが、出てくるのは現在大学に通っている人、もしくはすでに大学を卒業した人に対する、留学アドバイスばかり。探せば探すほど、果ては「大学卒業証書つくります」みたいな、アンダーグラウンドなサイトばかりがヒットすることに。。。しかも、意外と安く作れるんですね、手作りの卒業証書とか、免許証とか。社会の闇を垣間見ました。

 

で行きついたのが、日本の大学生になるという、一周回って原点回帰のような答えです。

 

 

僕でも入れる日本の大学

 

でも、日本の大学というのは入試があります。入試勉強なんて、今更したくありません。

しかも、これを考えていたのが8月で、僕のフランス行きの航空券は9月。さらに、フランスの大学に志願する締め切りは翌年の1月なので、来年の入試のタイミングを待つことはできません。

 

という事で、問題は「入試がない大学」と「秋入学のある大学」ということになります。この2つの問題をかいくぐって見つけた大学、それは…

 

放送大学

 

 

意外な穴場♥

 

なんと、放送大学は高校を卒業しているか、高卒認定を持っている人は無条件で入学することができます。しかも、教科も1科目から取得することが可能で、入学料と科目受講料を合わせても4万くらいしかかかりません。お受験1校するのに2-3万するのと比較すると、あまり高くないと思います。

また、放送大学は春入学と秋入学の2回の入学時期を設けています。

 

因みに、放送大学は英語でThe Open University of Japanです。海外の学校に提出する書類にはこの名前が使われます。オープンってなんだ?これで通用するのか??なんて考えてしまいますが、フランスの事務がそんなところに疑問を抱くはずありません。大丈夫です、僕はこれでしっかり通りました。

その前はThe University of the Airという名前だったのですが、こっちの方がなんだか響きが良いように感じるのは僕だけでしょうか。

 

 

モンペリエの国立ポール・ヴァレリー大学付属語学学校に来る人へ

 

この語学学校は、B2ないしC1まで語学学校で勉強を終わらせれば、ポール・ヴァレリー大学(文系)(以下PV大学)内部にのみ、学部生として編入することが可能です(諸条件あり)。

この場合、語学学校には普通に入学できてしまうので、「高校卒業証明書」と「語学学校で一定のレベルまで終わらせた証明書」を用意すれば、PV大学に編入することができます。

 

モンペリエという狭い話になってしまうのですが、モンペリエには大学が2つあります。一つは僕が通う国立モンペリエ大学(以下UM大学)で、医学・法律・経済・経営・科学などの幅広い分野を扱っています。そして、もう一つがPV大学で、こちらは文系・芸術系がメインの大学です。この2つは全くの別物なので、僕の様に生物学を勉強したい場合は、語学学校の成績だけではダメなのです。

 

…だと思います。

というのも、僕、最近気が付いたのですが、入学手続きをしているときに過去の学歴を見たのですが、今の大学(UM大学)に来る前にはPV大学に在籍していたことになっているんです(;・∀・)もちろん、PV大学には語学学校しか行ってませんでした。

もしかしたら、フランスの適当な事務方のことですから、「PV大学に行ってたよ~」と適当なことを言っておけば、わざわざ放送大学の入学証明書は作らなくても良かったのかもしれません。笑

まぁ、それでもUM大学にアプライするときには放送大学の資料をしっかりと添付したので、あって困ったことはなかったのですが。

 

 

おわりに

 

フランスって、学費がべらぼうに安いんです。

 

francium87.hatenablog.jp

 

僕のように今から大学で勉強してみたい、あわよくばフランスで格安で勉強したい!なんて考えている人は、上で紹介した大学を利用してみてください。

ちょっと、利用目的が本来のものとかけ離れているので、あまり積極的に進めることはできませんが…(笑) いつかこのブログが運営停止になっていたら、この記事が原因だったと思ってください^^