読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランシウム87

南フランスに住む日本人学生が発信するブログ。

南仏の方言の歴史から読み取れること┃南仏の方言の歴史は面白い!

sponsored link

f:id:bantan19:20160302193427j:plain

今週のお題「方言」

 この記事は以前の記事の続きです。

francium87.hatenablog.jp

 

方言の歴史っておもしろい!

 

ちょっとそれぞれの方言を詳しく見ていきましょう。

 

オクシタン語、別名オック語というのは、南フランスを中心にかつて話されていた言語です。

 

現在でもオクシタン語話者はいます。

 

オクシタン語って、なんでオクシタン語っていうんでしょう?

 

それは、昔々、南仏では"oui""oc"と言っていたんです。

 

「オック!オック!」なんかかわいらしいですね^^

 

なので、「はい」を"oc"と言う、という事から、この地方の言葉はオック語と呼ばれるようになったんです。

 

それが形が変わって、もうちょっと長い響きになって(名詞は長いほうがかっこいいと考えられていたい時代があったんです)オクシタン語と呼ばれるようになったのです。

 

ちなみに、僕の住んでいるモンペリエ市は、ラングドック=ルーシヨン圏の中にあります。

 

このラングドックはフランス語で書くとLangudoc=Langue d'ocとなり、「ocの言語」という意味になります。

 

つまり、この地域ではオック語が使われていたという事が、現代の地名にも残っているのです。

 

 

 

カタルーニャ語はスペインの方言?

 

スペイン北部のカタルーニャ地方で使われている言葉にカタラン語というものがあります。

 

正確に言うと、カタランという単語だけですでに「カタルーニャの言葉」という意味になる名詞なので、この言語を指す時は、正しくは「カタラン」もしくは「カタルーニャ語」、古い言い方だと「カタロニア語」になります。

 

でも、日本では「カタラン語」という響きが伝わりやすいので、この言葉を使います。

 

今ではカタルーニャ地方というのはスペイン北部だけなのですが、もともとカタルーニャ地方というのはカタルーニャという辺境伯(地方の権力者)が治めていた場所を指す言葉で、その時代のカタルーニャが治めていた地域というのは、南はスペインのバレンシア地方から、北は南フランスのモンペリエを越えたあたりまでの範囲だったのです。

 

その後、時代が変わるにつれてカタルーニャ辺境伯の領地はスペインとフランスの2つの国に分かれてしまいましたが、いまだにどちらの国でも一部の地域ではカタラン語を使い続けているんです。

 

特に、スペイン北部のカタルーニャ地方ではカタラン語の普及に力を入れています。

 

僕はよくカタルーニャ地方の中心都市・バルセロナに旅行に行くのですが(モンペリエからだととても行きやすい!)、バルセロナってスペインなのに、標準スペイン語よりもカタラン語をしゃべる人が多いんですよ。

 

僕は、標準スペイン語なら話せますが、カタラン語は話せないので、カタラン語で話されても全く意味が分かりません(*_*;

 

なぜ、カタルーニャの人たちがここまでカタラン語に固執するのかというと、カタルーニャ独自の文化があるという事でスペインから独立したいという気風があるのと(実際、去年の暮れにカタルーニャ独立派が選挙で勝っています)、20世紀に起きたスペイン内戦とその後の独裁政治カタルーニャ地方の文化・思想が徹底的に弾圧された、その反動があるのですが、ここら辺の話はとても長くなってしまうのでまた改めて書きたいと思います(笑)

 

 

バスク語はフランスバスクとスペインバスクで話されています

 

バスク地方という言葉を聞いたことはありますか?

 

お菓子作りが好きな人なら「ガトーバスク」というお菓子の名前を知っているかもしれませんが、そのお菓子発祥の地です。

 

バスクというのは、今では太平洋のスペイン側とフランス側に分断されてしまったのですが、もともとは一つの繋がった地域・コミュニティーだったんです。

 

しかも、このバスクという地域はスペインやフランス語の言語(ラテン語から派生した言語)とは全く関連性のない、どこからやってきたのか未だに謎に包まれているバスク語バスク語ではエウスケラといいます)という言葉が話されているのです。

 

ここまで言葉の性質が違うと、ひとくくりに方言とは言えなくなってきますよね。

 

因みに、彼らバスク人アイデンティティーはスペインにもフランスにもなく、彼らが昔から長い間住み続けているバスクという地域にあるので、よく独立を主張したテロ行為が起きています。(特にスペイン側)

 

特に有名なものでは、2006年の暮れに起きたマドリッドのバラハス空港爆破テロ事件があります。

 

 

 

方言=アイデンティティ

 

というわけで、方言って単にアクセントやイントネーションが違ったり、言葉の言い回しが違うだけのものではないんですね。

 

方言というのは、人間のアイデンティティが表れる一つのツールなのです。

 

だから、東京っていういろんな地域から来た人たちが混ざりあっている大都会で、自分と同じ方言の人に出会うとシンパシーを感じる、なんていうエピソードがあるわけです。

 

逆に、よその地域の人が方言を真似てしゃべったとしても、そういうときってどことなく違和感を感じるようです。

 

口から出る言葉のニュアンスが変わるだけで、ここまで人の心に影響を与えるなんて、方言って考えれば考えるほど面白いものです^^