フランシウム87

南フランスに住む日本人学生が発信するブログ。

サンペレグリノのスパークリングフルーツ?┃最近流行りの炭酸飲料

sponsored link

サンペレグリノってありますよね。炭酸ミネラルウォーターの。

日本ではペリエやゲロルシュタイナーなんかと並んで、よく見かけるミネラルウォーターのブランドです。

 

でも、サンペレグリノのマークがついた飲み物で、炭酸水以外のものって見かけることありませんよね?僕はフランスに来てから、こんなものを発見しました。

f:id:bantan19:20170121011855j:plain

 

mokuji

 

 

サンペレグリノって?

 

サンペレグリノ社というのは、100年以上にわたってイタリアから世界へ、高い品汁の炭酸水を届けている会社です。

日本の水の硬度は比較的軟水なので、炭酸水のように刺激のある水を飲む習慣というのはありません出た。しかし、近年の水ブームや、ワインのブームと相まって(ワインのデギュスタシォンをする場合は、下の上の味を洗い流すために炭酸の含まれた水が口直しに良いとされています)炭酸水の人気が高まりました。

また、数年前にはサンペレグリノの選ぶ世界のレストランのベスト50に、日本のレストランが2つランクインしたことでも話題になりました。

 

そんな日本でも名前の聞かれるようになったサンペレグリノですが、サンペレグリノと言ったら炭酸水、そのほかの飲み物というのはあまり認知度がないのではないでしょうか。

それもそのはず。日本で一般に流通しているサンペレグリノの飲料は炭酸水しかないのですが、海外ではこんな飲み物が出回っているのです。

 

 

サンペレグリノのスパークリングフルーツ

f:id:bantan19:20170120201213j:plain

 

サンペレグリノから販売されている飲み物に、この写真のようなスパークリングフルーツがあるのです!

上の写真のフレーバーは「レモン&ミント」と「フィコディンデイア&オレンジ」です。フィコディンディアとは、食べられるサボテンの実です。フランスではfigue de Barbarieという名前で、マルシェなんかで売られているのを見かけます。

 

他にもフレーバーがいろいろあって…

f:id:bantan19:20170120201827j:plain

 

年末年始に買いだめしてました^^

試験前は断種をしていたのですが、やっぱり水やお茶みたいなライトなものだと、どうしてもアルコールを欲してしまうんですよね。そんな時に、こんな感じの炭酸が入った飲み物があると、どうにか気を紛らすことができるのです。

フレーバーは、左から「オレンジ」「ポメロ」「レモン」「マンダリンオレンジ」「ブラッドオレンジ」。

全体的に、飲んだ感じはレモネードみたいな感じです。オランジーナみたいな感じもしますが、それよりもうちょっと爽快感があると思います。炭酸も強めかな。

 

僕はこの中でも「ポメロ」が好きです^^

ポメロって、グレープフルーツみたいな果物です。正式にはザボンの一種なのだそうですが、そもそもザボンって分家が多いと思うので、僕にとってポメロはグレープフルーツです。

ちなみに、フランスでグレープフルーツはpamplemousseですね。でも、スーパーでpamplemousseのよこにひっそりとpomeloが並んでいることもあります。また、スペインにいた時には、グレープフルーツのことは主にpomeloと呼ばれていました。

ちょっと苦みがあって後味がすっきりしているので、食事中に飲んでもいい感じです。

 

ただ、残念なことにこんなに豊富な種類があるのに、日本ではほとんどうられていないんですよね。

ちょっと探してみたらアマゾンで扱っているところがあり、値段もお手軽な感じなのですが、味がオレンジとレモン、あとキノット(ちょっとクセのあるお味)があるのみです。

あ、ブラッドオレンジもあった!

なので、ヨーロッパに旅行に来た時にはぜひ試していただきたい飲み物です!


The Life Deliziosa | Sanpellegrino Fruit Beverages

 

 

 サンペレグリノの選ぶ世界のレストラン

 

レストランの格付で、最も多くの人に知られているのは「ミシュラン」だと思います。

ミシュランは、車で移動する人向けのガイドブックに、道中ある料理店を乗せたのが始まりで、今では多くの人がレストランを探す一つの手段として活用される認知度と権威ある格付けになりました。

サンペレグリノもレストランの格付けをしています。こちらは、大本が車のナビゲートだったミシュランと違い、最初からガストロノミーの世界と深くむつびついていたので、レストランのレベルを測る物差しとしてはミシュランよりも正確だ、という声が少なくありません。

 

サンペレグリノの選ぶ世界のレストラン・ベスト50を見ると、日本のお店が2つランクインしています。今ではすっかり有名な「龍吟」と「la création de Narisawa」です。また、日本人料理人としてはもう一人、ペルーの「MAIDO」というレストランもランクインしています。

日本でも有名なフレンチレストランの「ジョエル・ロブション・パリ」が80位というのをみると、判断基準がいかに厳しいかというのが分かると思います。

 

The World's 50 Best Restaurants

 

 

おわりに

 

なんかサンペレグリノ押しで長々書いてしまいました。

でも、実は僕は、炭酸水はBadoitの赤派なんですよね(笑)

今回は、スパークリングフルーツを楽しんでもらいたくて書いちゃいました。美味しいから^^