フランシウム87

南フランスに住む日本人学生が発信するブログ。

南仏の大学留学についての質問にお答えします!~Part.2

sponsored link

先日頂いた質問に対する回答、パート2です。

前回の記事はこちら。

francium87.hatenablog.jp

f:id:bantan19:20170412040909j:plain

 

 

 

こんな質問をいただきました

 

以下、質問させていただきます。
1.滞在期間が8ヶ月を予定しています。語学の上達具合は人それぞれだとは思いますが、この期間で大学入学の際に必要な仏語能力を身につけられるものでしょうか。また、bantanさん自身は仏語語学学校にどのくらいいて、どのくらい仏語が身についたのか、差し支えのない範囲で教えていただきたいです。
2.bantanさん自身は長期学生ビザでしたか。もしそうであれば、現地でアルバイトはされていましたか。
3.bantanさんは、なぜ生物学を選ばれたのですか。
4.bantanさんが通っていた語学学校にはどのようにして応募しましたか。
5.語学学校へ行く前、およそ何ヶ月前に日本で手続きをしましたか。
以上5点です。
お忙しいところ大変恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。 

 

今回は2,3番についての回答編です。

 

 

2.長期滞在?アルバイトは?

 

僕はそもそもフランスに着いた時は、最初4ヶ月くらい地中海沿いのモンペリエで過ごして、その後はパリで半年くらい過ごして日本に帰ろうかな~^^なんて考えていました。

それが、まさかこんなに長居することになるとは…orz

 

最初モンペリエに来るとき、mixiを通じてベビーシッター兼ホームステイをさせてくれる家族を見つけることができたのです。週に何回か子守をする代わりに、家賃や光熱費、食費はかからずに滞在できる。

まぁそんな好条件に甘えて、パリに行かなくてもモンペリエでいっか…と考えてモンペリエに留まっていたんですね。

でも、いくら居住費がかからないとはいえ、その他日々出費はありますし、語学学校の授業料もバカになりません。それに、フランスの大学で勉強することができる!って知ったのもフランスに来てからだったので、やっぱりこのまま滞在を続けるなら仕事をしないと~と重い腰を上げたのがモンペリエに着いてから1年後の事です。

 

なので、当初は1年以内の滞在予定で仕事をする気などなかったのですが、予定が変わって長期滞在になったため仕事を始めた。という感じです。

 

ここで仕事を始めて、フランス語の語学学校といい感じのペース配分で仕事をしていたので、金銭的にペース調整をすることができた、いい機会にもなったと思います。

 

 

3.なぜ生物学を選んだのか?

 

これ、とっても重要なポイントです。

僕は、そもそも世界史をこよなく愛し、化学を軽蔑する純文系のタイプだったのですが、昔から生物学チックなことが好きだったんですね。

でも、日本であれば生物学は理系の教科なので、大学で生物学を学ぶためには、まず理系の教科で入試を受けなくてはなりません。えーそんなの嫌だ―ってことで、生物学を勉強する夢はとりあえずお蔵入りになっていました。

 

で、フランスに来て、外国人でもフランスの国立大学で勉強する権利があるという事を知って、最初は食品安全保障学に興味を持ったのです。でも、この分野はちょっと特殊で、院から始まるものなので、まずはその前段階は…と調べたらSVT(生命科学)だったんですね。僕はいつもわかりやすいように「生物学を勉強しています」と言っていますが、正確には「生命科学を勉強しています」になります。

外国人枠では、特に入試やバカロレアなどの試験が課されることはなく、日本の成績証明と、フランス語力を証明するものと、モチベーションレターで受け入れの可否を判断されます。

もちろん、僕は今まで理系の勉強なんてこれっぽっちもやったことがなかったんで「ダメかな?」と思っていたんですが、2年続けて(しかもフランス語のレベルを上げて)応募してきたというところに熱意を感じてくれたらしく(笑)生命科学部の先生と面接の末に入学を認めてもらいました。

 

こうやって書くと、なんか大袈裟なような感じがしますが、実際にやったことと言えば、期日を守って必要書類を提出して、「面接きてー」って言われたから「はーい」って大学に面接しに行っただけで、「じゃ、君9月から頑張って^^」って言われた感じです。

フランスの大学で勉強を始めるのは、そんなに難しいことではないように思います。

 

あとは、あれですね。フランス人の皆様の血税に関わってくるので、あまり大きな声では言えませんが、学費が安いっていうのも大きな点です。

francium87.hatenablog.jp

っていうか、僕も給料のかなりの割合を税金でしょっぴかれてるので、声をひそめる必要は全くないのですが(笑)

 

確かに日本の大学のように充実した校内設備ではないし、サークルとかがあるわけではないのですが…まぁ大学って、いわゆる国の最高学府ってやつですから、遊びに来るわけではないのでこれでいいんじゃないかなぁと思います。僕ももうそんなにオールで遊びまくるぞ!って歳でもないので、安くて勉強できればそれで満足です。

 

こんな感じでずるずるっとモンペリエに居座っています。

 

 

次の記事はこちら

francium87.hatenablog.jp

 

 

広告を非表示にする