フランシウム87

南フランスに住む日本人学生が発信するブログ。

【YouTube】今年のbantanお気に入り11選【2016】

sponsored link

2016年ももう少しで終わり。今年も、勉強の合間にたくさんのYouTube動画を見てきました。

海外にいるからかわからないけど、日本の動画があまりお勧めされないんですよね。だから、ほとんどが外国語での動画です。ちなみに、海外に住んでいると、動画の始まりや合間で流れる広告はすべてフランスのものになります。

その中から、僕が気に入った動画11選を紹介します^^

f:id:bantan19:20161220220259j:plain

 

mokuji

 

 

 

中国語と日本語は同じ?

 

海外にいると、よく「中国語と日本語って同じなの?」とか、「日本人って中国語(あるいは韓国語)喋れるの?」と聞かれることがあります。

そういう時は、だいたい「日本語は多くの文字を中国から借用してるから、書かれた文章からは何となく意味が分かるけど、口頭だと全く理解できないよ。ちょうどフランス語とスぺイン語みたいな感じかな。」と説明します。

でも、中国語と日本語は、表面的(文字)にはおなじ部分がありますが、言語のルーツとしては、フランス語スペイン語のそれがラテン語である、といったものがないんですよね。

この動画を見て、なんだかもうちょっと詳しい説明ができるようになりそうです。


How Similar Are Chinese and Japanese?

 

 

地球上でもっとも放射線濃度の高い場所は?

 

フランスは、1986年に起きたチェルノブイリ原子力発電所の事故で、日本は2011年に起きた福島原子力発電所の事故で、放射性核種に対する危機を経験しています。

放射能が人体に影響を及ぼすという事は、まぎれもない事実なのですが、それを公衆衛生の観点から見ると、人によって意見は様々なものになります。

この動画を見て、あなたは福島原発の影響にどのような意見を持つでしょうか。

 


The Most Radioactive Places on Earth

 

 

 

Ass-dur

ドイツ音名でのAs-durは「変イ長調」です。ラ♭(As)から始まり、4つのフラットが付く長調(dur)の音階です。

しかし、この動画ではAss-durと書かれています。Assとは、英語で「尻」の意味ですね。

音楽家の名人芸に目が離せません!

 


Changing clothes while playing piano by "Ass-Dur"

 

 

ユニバースの神秘

宇宙は神秘的で多くの謎に包まれています。世界中の科学者、物理学者、数学者、etc.が日々宇宙の研究を進めていますが、それでも私たちは宇宙のほんの少しの事しかわかっていないのだそう。

この動画では、地球の外側に広がる宇宙の大きさを視覚的にみることができます。なんだか、少し恐怖を覚えてしまうくらい、宇宙って大きいんですね。

でも、宇宙のような途方もない空間というのは、なにも地球の外側だけに存在するものではないのです。この動画を最後まで見ると、その謎を垣間見ることができるでしょう。

ちなみに、私たちの宇宙は「ユニバース」と言われたりもしますが、この接頭辞の"uni-"は「ユニコーン」に使われるのと同じ「1つの」という意味です。宇宙の考えには、私たちのいる地球が存在するこの「宇宙」以外の、複数の「宇宙」も存在するというものがあります。この考えから言うと、すべての宇宙は「マルチバース(multiverse)」という名前になります。

 


The Observable Universe (accurately scaled zoom out from Earth)

 

 

 

渋谷スクランブル交差点の今

 

時代の進歩は、本当にすごいです。

今の世の中、こうやって南仏の自宅の机の上で、渋谷スクランブル交差点の"今"を観察することができるのです(笑)

僕はこれで、渋谷のハロウィンの夜を見るつもりだったのですが、すっかり忘れていました。

 


【LIVE CAMERA】渋谷スクランブル交差点 ライブ映像 Shibuya scramble crossing

 

 

 

Cage does Cage

 

あなたはジョン・ケージという作曲家を知っていますか?

彼は、ユニークなアイデアを持った現代音楽の作曲家で、有名なものに「4'33"」という曲があります。曲というか…これは、4分33秒間、オーケストラは何の音も発することなく曲を終えてしまうという、なんとも破天荒な「音楽」なのです。

面白いのは、この曲は音符の羅列を演奏する従来の音楽の形式とは異なり、4'33"という時間軸によって音楽の演奏が決められている点です。

また、音がなければ音楽ではないという意見もありますが、この演奏が行われている空間に音はいくらでもあるんですね。これを楽しむというのも、音楽の新しい一面と言えそうです。


4'33" John Cage(Orchestra with Soloist, K2Orch, Live) / 4分33秒 ジョン・ケージ けつおけ!

でも、高いチケット代払ってこの演奏を聴きに行くかと聞かれたら…僕はいかないと思いますね。

そんな彼の音楽をパロディ化したのがこちら。

俳優、ニコラス・ケージがジョン・ケージの4'33"を演奏(?)しています。

 


CAGE DOES CAGE

 

ちなみに、この作曲家は他にも、できるだけ遅く演奏する曲として「ASLSP」というものを作っています。これは、演奏痩躯度を限りなく遅くすることによって、理論上は終わりのない曲になります。現在、最も遅く演奏され"続け"ているのは、ドイツの教会での演奏で、その演奏期間は639年!数年前にこの演奏が「第〇番目のコードに移動しました」というニュースを聞いてから、まだ新しい情報は入ってきません…

 

 

同性愛者への差別

 

この動画は、実は以前から知っていたのですが、今年に入って急にソーシャルメディアで拡散されちょっと話題になったものなので、今年の動画選に入れました。

ビデオの写し方といい、音楽の効果といい、ちょっとヤラセ感が否めないのですが、まぁビデオの中で起きていることは現実から遠からず。

スペイン語と英語が目まぐるしく入れ替わってしまって聞き取りづらいと思いますが、面白いです。

これは、スペイン・マドリッドの中心にあるゲイタウン、チュエカ地区で、スペイン語の喋れないゲイカップルがホテルの場所を道行く人に尋ねるというものです。

ホテルからの手紙には地図のほかに一言添えられていたのですが、これを訳してくれと頼まれたスペイン人たちは当惑してしまいます。

 


gay couple social experiment. Reactions to homophobia

 

 

 

ライフ・イズ・イージー

 

人生って何なんだろう、ってふと考えたことはありませんか?

僕はあります。というか、一日に何回か考えます。

僕から言わせると、これを考える時間がない状態というのは忙しすぎるのだと思います。忙殺されているかを知る、一つの定規ですね。

そんな人生に対する考えに、面白いアイデアを与えてくれる動画だと思います。

英語なのですが、とってもわかりやすいですよ。

 


Life is easy. Why do we make it so hard? | Jon Jandai | TEDxDoiSuthep

 

 

ベートーベンは最高にヘヴィメタルだ!

 

と言うのは、TED×Montrealで講演をしたNicolas Ellis。

TED続きになってしまうのですが、彼はロックやヘヴィメタルの音楽家でもあり、クラシック音楽の指揮者も務めているという、凄腕。

彼の、レディ・ガガ何かを織り交ぜたスピーチを聞くと、ベートーベンの面白さを垣間見ることができると思います。

 


Beethoven, the Heavy Metal of the Early 19th Century! | Nicolas Ellis | TEDxYouth@Montreal

 

彼、スピーチの内容もさることながら、喋り方も素晴らしいんですよね。

聞き取りやすく、理解しやすい。無駄な感情の起伏は表に現れませんが、情熱が伝わってくる。こんなスピーチをしてみたいものです。

 

 

無限、その先は?

 

一、十、百、千、万、億、兆、京、垓…なんて、小さいころ覚えて遊びませんでしたか?

数は果てしなく大きくなります。少なくとも、僕たちの頭の中ではどこまでも数えてゆくことができるでしょう。

上の言い方では無量大数が最大の数です。数学ではどうなのでしょうか。

そんな疑問を解説してくれるのがこの動画。世の中、こんなこと考えている奇特な人もいるんだねぇくらいの軽い感じで見ると楽しいです^^

ちなみに、この動画を配信しているVsauceは、ほかにも「なぜ私たちはノスタルジーを感じるのか」「あなたの赤は私の赤と同じもの?」「新しいメロディーは作れるのか?」など、興味深い動画をたくさん配信しているので、おすすめです。英語が難しいのが難点ですが…(*_*)

 


How To Count Past Infinity

 

 

おわりに

 

こうして並べてみて気づいたことが一つ。

フランス語の動画が一つもない!笑

炬燵の中でぼんやりと、YouTubeの動画を見たいですね^^