フランシウム87

南フランスに住む日本人学生が発信するブログ。

まだ駅のコインロッカーを使ってるの?┃フランス旅行中のスーツケースの悩みはNannybagで解消!

sponsored link

観光旅行で大きな問題になるのがトランクの保管場所。

ホテル滞在中であればフロントに預けておくことができます。しかし、その後の旅のスケジュールによって街中でスーツケースの預け場所が必要になるときがあるでしょう。

 

そんな時、あなたはどうしますか?

え?駅のコインロッカーを探してるって?

もっと簡単で便利な方法があるんですよ。これを知っておくと、フランス旅行の玄人になれるかも!?

 

f:id:bantan19:20180604052339j:plain

 

 

Nannybagという荷物預りサービス

 

僕も、先日のアムステルダム旅行でこのサービスを知ったばかりです(笑)

滞在したところが安宿だったため市街地から離れていました。その上、その日の夜には市街地から出発するバスでほかの都市に行く予定だったので、スーツケースを宿に預けないで持ち運ばなくてはならなかったのです。

かといって、ずっとスーツケースを持っていては日中の観光の邪魔になります。美術館も行きたいし、買い物もしたいし、コンサートにも行きたいし…。

 

荷物預け場所の王道と言えば、主要の駅にあるコインロッカーです。1日5€ほどで預けることができます。しかし、アムステルダムにはコインロッカーのある駅があまりありません。

もう一つは荷物預りを専門に行っているお店があります。ラッゲージストアなんて呼んだりもしますが、こちらも数があまり多くないうえに値段がちょっと高め。

 

そんなところへネットで検索して出てきたのがNannybagというサイト!

このサイトは、商店、ホテルのフロントなど荷物を預かるスペースのある場所(このサイトではNannyと呼ばれています)が「ウチ、荷物あずかれますよー」と登録をしていて、僕たちのような荷物を預けたいユーザーのニーズに応えてくれるというものです。

 

www.nannybag.com

 

Nannybagのココが便利!

 

ホテルのほかに、一般の商店も登録しているというところがミソで、探してみるとたくさんのNannyが町のいたるところに散在しているのがわかります。次の行動に合わせて、一番便利な場所を探すことができるというのがとっても便利例えば、夜の電車で出発するんだけど、昼の観光で荷物が邪魔…という人は、出発予定駅の近くのNannyを使えば、荷物の持ち運びを最小限にすることができます。

パリ1区の周辺を探してみたら、これだけのNannyが見つかりました!

f:id:bantan19:20180604041624p:plain

 

料金が安いのも魅力的!一日の値段は、荷物1つにつき6€。1日超過するごとに4€かかります。ネット上でカード決済をするだけで、後は店頭での支払いも必要ないので、とっても簡単です。

Nannyにポイっとスーツケースを預けて、サクッと市内観光ができてしまいます。

 

Nannybagのデメリット

 

僕が実際このサービスを使って感じたデメリットは、Nannyが簡単に見つからなかったという事。僕の場合だけかもしれませんが、Nannyへの支払いを済ませても、預け場所の住所が表示されなかったのです。(普通は払い込みの後にNannyの住所が表示されるので問題はないそうです)

どう対処したかというと、上の画像の様に大体どのあたりにNannyがあるのかはわかるので、実際にその場所まで行き、それっぽい店に直接「Nannybagっていうサイト知ってますか?」って聞いてみました。運よく一つ目にあたった店で「それ、ウチだよ。」ということになったので、あまり手間取らずに見つけることができて良かったです。

 

もう一つは、サービスのほとんどがフランス国内に限られているという事。

こちらの画像を見てもらえればわかるとおおみますが、Nannybagに登録している店舗が、フランス以外ではあまりないのが現状です。

 

f:id:bantan19:20180604042501p:plain

 

おわりに

 

荷物を預ける場所を探す東野は、なかなか大変なものです。

いままでの古典的な荷物預け場所と言えば駅のコインロッカーだったのですが、Nannybagのようなサービスを活用すれば、より身近で便利な荷物預け場所を見つけることができます。

荷物預け場所探し行こまたときは、ぜひ活用してみてください^^