読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランシウム87

南フランスに住む日本人学生が発信するブログ。

夏に試してもらいたい!赤ワインの新しい飲み方┃ティント・デ・ベラーノ tinto de verano

sponsored link

こんにちは。温暖化ですね。

 

扇げど扇げど、わが体涼しくならず。

 

暑い一日の終わりには、アペロ(夕飯前に軽く何かつまんだり飲んだりすること)をして、胃も心もリフレッシュしたいですよね。ゆったりとした時間を持つことは、消耗する現代においてとっても大切なことです(真顔)。

 

というわけで、今回はスペインで、おそらくサングリアよりも多く飲まれている赤ワインの美味しい飲み方を紹介します!

f:id:bantan19:20160801024349j:plain

 

 

 

「夏の赤ワイン」

 

tinto de verano ティント・デ・ベラーノとは、直訳すると「夏の赤ワイン」です。

赤ワインが英語でred wine、フランス語でvin rougeと、どちらも「赤いワイン」と表現するのに対して、スペイン語ではvino tinto「染まったワイン」と言います。ちなみに白ワインはそのままvino blanco「白いワイン」です。

「スペインで"red wine, please."って言ったのに通じなかった~(;_;)」というエピソードを耳にするのは、たぶんここに原因があるのだと思います。

 

さて、このティント・デ・ベラーノですが、作り方はとっても簡単。

赤ワインとサイダーと氷をグラスに注ぐだけ。以上!

洒落乙な方はオレンジの輪切りなんか沈めたらいいんでしょうけど、基本形は上記3要素です。

割合は赤ワインとサイダーが1:1。酔っぱらっても覚えておける親切設計。僕も今tinto de verano3杯目で書いていますが、割合間違ってない自信があります。(間違っていたらごめんなさい)

赤ワインは、わざわざ高いものを使う必要は一切ありません。どうせサイダーの味がついてしまうのだから。開けて時間の経ってしまったワインを消費するためでもいいでしょう。男性諸君!彼女に作れば「なにこれおいしー飲みやすいー」になること間違いなし!

 

まだまだ夏の暑さは続きます。さっぱりとしたカクテルで、鬱陶しい暑さを乗り切りましょう!